HPに戻る
打ちこみ演奏について


打ちこみ音源を流し、それに合わせ、歌や演奏をすることが出来ます。(モニターから返します)
以下の方法があります。

どの場合も音源のレベルは一定にして下さい。

音源製作のコツは・・・・・・
リバーブは薄めに(リバーブが強いとぼやける。薄かった場合卓でかけられます)
スネアはやや大きめに(リズムをモニターしやすくなります)
出だしのカウント用ハイハットはやや大きめが安心。